Future Standard

映像解析プラットフォーム「SCORER」 事例紹介

Surveillance

株式会社クレスト

台数規模 業種 活用した映像解析 目的・効果
~100台 小売業、広告関連業、ITサービス業 通行量調査、顔検知 マーケティングデータ収集、収益向上

映像解析技術を活用し、来店者の関心に合わせて店舗を改善

課題
  • 売上と販促施策の関係性:評価しにくい販促施策が数多く存在していたので、うまく店舗の売り上げ結果を評価できていなかった
  • スムーズなコミュニケーション:店舗と本部での意思疎通がうまくできず、改善指示の目的と結果のフィードバック適切に伝達できない場面があった
解決策
  • SCORER Edgeと複数の映像解析技術を組み合わせ、店舗前の顧客の通行量と店舗内での棚や装飾毎の関心度を測定した
  • これまで、数値化できずに感覚でしか判断できなかった部分を、定量的な情報をもとに、議論・意思決定することを可能にした
  • 店舗と本部で同じ数字を確認できるので、意思疎通も円滑にあり、意思決定までのスピードが向上した
効果
  • 映像解析で実店舗の売上を前年比20%増加
  • 来店からの購入率や、通行者のディスプレイに対する関心データから店内ディスプレイを改善
  • 店の前の通行量を正しく知ることができ、通行量の多いタイミングに合わせて効果的なアテンションを獲得
  • ディスプレイの視認ポイントを正しく把握する事で、それまで思い込みで配置していたディスプレイポジションを改善でき、訴求力が向上
  • 店舗従業員と本部とのコミュニケーションが円滑になったことで、働く満足度が向上に結果として、離職等に関する費用が減少

ESASY

「Esasy」は Eye Sight Attention Systemの略称で、映像解析プラットフォーム「SCORER(スコアラー)」が提供する、交通量分析技術、顔認識技術を組み合わせて開発したユーザーの注目度と関心度を数値化するシステムです。店舗内外の通行量分析、店頭ディスプレイへの関心度分析などを簡単・安価に行うことが可能です。

株式会社クレスト

LEGACY MARKET INNOVATIONをコーポレートスローガンに、古き良き市場の歴史を重んじながらも、テクノロジーの力と企画力、営業力、そして経営力を駆使し、様々な産業において市場の内側からイノベーションを起こしていくプロフェッショナル集団です。

PAGE TOP
プライバシーポリシー
Copyright 2019 Future Standard Co., Ltd.